プロデューサー” +R “である。

naomi onの起動が間近に迫った頃。

外部パーツによる機能拡張を決議。

目立たぬようSサイズの人型を用意し、

演奏会では隅の方にレイアウトしてある。

 

型番:A井-2012xs

 

機能はルンバ程度だが、燃費が魅力だ。

naomi onと違い、養分や褒美の必要がない。

その分短命だが、スペアにも事欠かない。

半分に切ると各々再生して増えるのだ。

愉快なので過度なストレス解消に良い。

naomi on起動当初、わたしの住処がA井だらけだった理由がこれだ。

 

さて、このA井を参入させた一人の男。

名を「F本」という。

彼はnaomi on設計製造の発起人と言ってよい。

人間界に於いては既に巨匠の風格にある。

例え真っ白な物を前にしても、彼が一言

「ほぉ、これは真っ青やね・・・。」

と呟けば、それに抗える者など居ない。

漫画カメラで撮ると極上の画に仕上がる男としても知られる。

座右の銘は「皆目やな・・・。」のようだ。

 

もし演奏会場内で巨匠らしき男を見かけたら、

恭しく道や空間を空けるようお勧めする。

彼の機嫌が最高に良好な状態であれば

 「・・・まあまあちゃう?」

との賛辞を受け、あなたは事なきを得る。

naomi onでさえ彼の「まあまあ」は片手にさえ余る回数しか頂けていないが。

 

彼女がいつか、彼にとって最上級の賞辞、

「・・・まあ、ええ方なんちゃう?」

を与えられるその日まで。

長い道のりになりそうである・・・。

 

F

Follow me!