プロデューサー” +R “である。

RPGとP&Gを一緒くたにする女史が居る。

が、無性に可愛い娘なので責めはしまい。

それは正義なのだからな。

RPG = ロールプレイングゲーム

P&G = 綿棒とか

 

時は199X年。

戦略上の研究材料としてRPGを購入。

◯ァイナルファンタジー7。

通称FF7。

各登場人物に任意で命名可能。

RPG初心者だったわたしは各々、

ぐしゃ / べこっ / ぼさっ / ちくっ /げそっ

などと入力し、何もかも判別不能のままエンドロールを迎えるという荘厳な愚行を冒した。

通常の会話中でも、常時誰かが潰れたり・刺されたり・凹んだりやつれたりしていて気が気ではない。

これでは脚本家に申し訳ないと猛省。

後のFF8では大幅な差別化を図った。

 

ヒーロー:あごはずれた

ヒロイン:おなかへった

 

前作と比較にならぬほど会話も明瞭。

 

「あごはずれた委員長。校長室まで来て下さい。」

「体は大丈夫かね?あごはずれた。」

「おなかへったがさがしてたよ。あごはずれた。」

「どこだー! おなかへった!」

「あごはずれた!」

「おなかへった!」

このようにFF8は、無駄にアゴが貧弱で、狂おしいまでに燃費が悪い人だらけの、まさしくファンタジー溢れる世界となってわたしを楽しませてくれたのである。

 

そんな中で「おなかへった」女史の飼い犬が登場。

この犬にも名付けよ、と促された。

わたしは兎なのだから、同族への肩入れは必至。

だからこの命名にだけは真摯に向き合う事となる。

___続く___

rpg1