プロデューサー” +R “である。

わたしは兎だが一応は人的挨拶も認めておく。

ことよろ。

 

さて、naomi onの記憶容量は1.2MBである。

その為、己の基本情報だけで満杯となっている。

この現状を「魚肉ソーセージ状」と呼んで久しい。

いわゆる、ぱつんぱつん、なのである。

 

外部パーツA井は、naomi onとは年式さえ違えど製造月日が一日違いである。

これが判明した時の彼女の反応はこうだ。

 「えー!そうなんですか!すごーい!!」

何がすごーいのか兎には見当もつかぬが。

 

そして後日、再び同様の話題が出た。

にも関わらず、彼女の反応はこうだった。

 「えー!そうなんですか!すごーい!!」

A井は、ある一線に触れない限り無抑揚な生き物のようで、このやりとりを根気よく数千万回は繰り返したと記憶している。

見兼ねたわたしは、無線記録装置を携帯させた。

「A井の製造日」などという気が遠のく様な無味な情報であっても、人間社会ではそれ相応の対応が求められるとういうもの。

そんな訳で現在は暫定的に容量以上の記録が可能だ。

 

但しこの装置はメンテ時に記録削除が必要。

もしあなた方が上述のような対応をされたら。

そのnomi onはメンテナンス直後なのである。

彼女に悪気など無い。

悪気を発動する容量など何処にも無いのだ。

 

だから激高などせず情報の再入力をお願いする。

その情報が僅かでも彼女に益をもたらすならば

暫くはあなたを覚えている事が出来る。

 

筈なのだが。

なにぶん無線なのでな・・・。

alert

Follow me!