嫌われ松子は嫌われてもひとりよりはましと言った。

なんか、妙にそれが納得できた瞬間があったよ。

嫌われているのなら一人の方がいいと思うよね、普通。

でも、嫌われているということは、何かその人から出るパワーを受け取ることができる。

それはある意味、生きていることを実感できることなのかもしれない。

ずっと一人でいたら、自分が今生きているということを実感するのが難しい時があったっておかしくない。

言葉を交わしたり、何かに触れること。

人にはそれが必要なんだ。

喧嘩なんかしない方がいいけど、喧嘩できないよりよっぽどいい。

人はぶつかってこそ生きていると感じるし、自分を感じるんだよ。

雨川

Follow me!